UbuntuでGoogle Authenticatorを使ったSSH 2段階認証設定

今回は2段階認証をSSHで利用してみましょう。

・そもそも2段階認証とは

今までの認証方法ですと、パスワードの認証というのが一般的でした。
しかし、昨今のパスワード流出事件によって、流出したパスワードを使い、アカウント乗っ取りなどが多くなっています。

根本的なところでは、パスワードを1つ1つ使うサービスごとに分けるのが理想的ですが、1つ1つ覚えるのは大変ですし、パスワード管理ソフトを使うにしても、出先で手軽に使えるかという点では難しいかと思います。
そこで、通常のパスワードのほかにワンタイムパスワードを使った認証を行うのが2段階認証という考え方です。

2段階認証のワンタイムパスワードについては、携帯電話を使ってSMSで通知する方法や、ハードウェアトークンを使う方法、ワンタイムパスワード発行用アプリを使う方法があります。

今回は、TOTP対応のワンタイムパスワード発行アプリであるGoogle Authenticatorを使ってSSHの2段階認証を導入します。

“UbuntuでGoogle Authenticatorを使ったSSH 2段階認証設定” の続きを読む

blogお引っ越し

どうも、最近はtwitterやFacebookにおされてblogというメディアをあまり見かけなくもなりましたが、やはり140文字という制約がかなり大きいため、いろいろ書こうとするとblogというメディアが一番よいことに気づきました。

というわけで、再度心機一転、ドメインも引っ越し(yamaken.name→yamaken.jp)さらには長年使ってたTypepadからWordpressへお引っ越し

更新頻度はあまり多くないとは思いますが、いろいろ書き始めようと思います。

iOSデバイスで docomo Wi-Fi に自動接続する方法 – 2013/11/20 追記

SIM Free iPhoneでdocomoSIMを刺している人に取っては一番有効なものかもしれません。

 

NTTdocomoは、古くから公衆無線LANサービスを行っています。

http://www.nttdocomo.co.jp/service/data/mzone/introduction/index.html

すでにdocomoで契約している場合、Mopera UのスタンダードプランとU「公衆無線LAN」コースに加入することで、月額+840円と少し高いですが利用可能になります。

また、docomoとの契約がない場合でもMzoneというサービスをdocomoショップで単体契約することによって、docomoの無線LANサービスを利用することも可能です。

http://www.nttdocomo.co.jp/service/data/mzone/bill_plan/mzone/index.html

docomoの公衆無線LANでの魅力としては、つくばEXの車内で使えたりと意外とニッチなエリアがサービスインしているのでSoftbankのmobilepointやauのau-wifiとは被らないことが多いです。
また、アクセスポイントはNTTグループで共有しているため、Flet’s SpotやNTTComのhotspotとはだだかぶりをしているので、それらの契約がある人にはあまりお勧めできません。

そのため、私はau-iPhoneで Yahoo!JapanのYahoo!無線LANスポットとこのMopera U公衆無線LANとを併用し、au,mobilepoint,Mzoneあたりの無線APすべて使えるようにしてたりします。

“iOSデバイスで docomo Wi-Fi に自動接続する方法 – 2013/11/20 追記” の続きを読む

さくらのVPSを試してみる

ひょんなことから、価格も手ごろで初期費用無料なさくらのVPSを試してみたので、簡単なメモ程度に記録を残します

まず、さくらのVPSというサービスですが、簡単にいってしまうとレンタルサーバー。
しかし、通常のレンタルサーバーと違い、仮想マシン上で動くサーバー丸ごとレンタルというのが大きな魅力です。
サーバーそのもののroot権限(管理者権限)をもらえるため、サーバー自体を自由に構築できますし、さらにはサーバーOSごと入れ変えも可能(後述)
料金も月額980円でメモリ512Mと20Gの容量が与えられるので、簡単なウェブサーバー程度であれば十分です。
しかしながら、サーバー自体を自身で管理することになるため、最低限度、Linuxサーバー管理能力が必要です。

詳しくは下記のURLから
http://vps.sakura.ad.jp/

“さくらのVPSを試してみる” の続きを読む