MacBook Proのキーボードを修理に出したらバッテリーも新品になった件 (2018/6/23 追記)

どうも、やまけんです。

私のメインで持ち歩いているMacBook Pro (Late 2016 15inch)ですが、突然キーボードのbキーがおかしくなりました。

なぜかbキーを1度押しただけなのに、2回押されたと検知され `bb` なんて表示されたり。

とりあえず、エアダスターでキーボードのお手入れをしました。

MacBook や MacBook Pro のキーボードのお手入れ方法
https://support.apple.com/ja-jp/HT205662

公式にもお手入れ方法が載っているようでしたので試しましたが、治りません。

よく文章を読んでみると

・上記の手順で掃除しても反応しないキーがある場合は、Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダで修理をお申し込みください。

というわけで、Appleに電話してみました。

私「すみません、キーボードのbキーを1度押すと2回bの文字が出ます。HT205662 (さっきのお手入れのFAQの番号)を試したのですが解決しません」

Apple「それでは製品の情報を確認しますのでシリアル番号を伺えますか」

私「C02〜です」

Apple「保証期間内ですので引き取り修理か正規のサービスプロバイダでの修理になります。正規のサービスプロバイダでもパーツがない場合、引き取り修理になることがあります」

私「なら時間かかってもよいので引き取りで」

Apple「それなら明後日の何時頃に伺いましょうか」

私「最短で良いです」

Apple「それなら明後日午前に集荷に伺います。何も梱包は必要ないです、ヤマトがMacの集荷に来ますので本体だけ渡してください。ACアダプタ類も不要です」

私「はい」


という感じで、とりあえず引き取り修理を依頼しました。

電話から2日後ヤマトの集荷が来まして、持って行かれ。その3日後には戻って来ました。電話から実質5日でMac復活。

(あれ、デザインが変わってる。2017と同じキーデザインだ)

というわけで修理報告書を見てみます。

なるほど、キートップはやはり2017と同じものになったのか。

ん、 トップケース(キーボード、バッテリー一体型)を交換 ?

もしや、バッテリも交換されている????

実際に確認してみた。

充放電回数: 5 と明らかに少なくなってる!

というわけで、MacBook 2016や2017はキーボード異常があるとバッテリーも含めキートップが丸ごと交換されるようです。

保証期間内だと無償でバッテリごと交換なのでお得!


2018/6/23 追記

本件のキーボード不具合について、Appleが修理プログラムを始めました。

MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム
https://www.apple.com/jp/support/keyboard-service-program-for-macbook-and-macbook-pro/

対象は下記のモデルです。

  • MacBook (Retina, 12-­inch, Early 2015)
  • MacBook (Retina, 12­-inch, Early 2016)
  • MacBook (Retina, 12-­inch, 2017)
  • MacBook Pro (13­-inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2016)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2017)

同じような不具合であれば、無償修理の対象となります。

また、今回の無償修理には

修理内容はキーボードの検査後に決まります。1 つまたは複数のキーの交換や、キーボード全体の交換が必要になる場合もあります。修理にかかる時間は、修理内容や交換部品の在庫状況によって異なる場合があります。

との記載があるため、私のようにキーボード全体の交換とならない場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください